デュメンオレンジブランド

バックナンバー

役立つ病害虫の話

  • 役立つ病害虫の話
  • Disease And Insect Damage

ジャパンアグリバイオの研究員が、皆様に役立つ病虫害の情報を連載します。

役立つ病虫害の話

バックナンバーの情報につきましては、発表当時の内容をそのまま掲載しております。文中の農薬に関しましては必ず最新の登録状況をご確認ください。今まで使っていない農薬を使用する場合は、お近くの種苗専門店や農協、公共機関ともご相談ください。

  • カスミソウの病害:「カスミソウこぶ病」
  • 2008.2.7

 

こぶ病の地際と葉での病徴写真

図1. こぶ病の地際と葉での病徴

こぶ病菌(黄)とキク根頭がんしゅ病菌(白) 右:こぶ病菌のPCR法による検出例写真

図2左:こぶ病菌(黄)とキク根頭がんしゅ病菌(白)
右:こぶ病菌のPCR法による検出例
(赤矢印で示した白いバンドが陽性の印)

 

カスミソウでも多くの病虫害が知られていますが、それらは、斑点細菌病、疫病、ハモグリバエ類、ヨトウムシ等、同じナデシコ科のカーネーションや他の弊社取扱い植物種で発生しうる病虫害のいずれかと多くは共通点があります。その中で、カスミソウでのみ発生しうる特殊な病害として「カスミソウこぶ病」があります(図1)。

バラやキクでの根頭がんしゅ病にも似ていますが、カスミソウこぶ病は、Pantoea agglomerans pv. gypsophilae (旧称:Erwinia herbicola pv. gypsophilae)という、根頭がんしゅ病菌とは全く異なる細菌による病害で、主に苗の地際にこぶ状の組織を形成させ、生育不良や枯死を生じさせる病害です。葉や茎の切り口等地上部にもこぶを形成させることがあります。この菌は、植物の表面にいる病原性の無い菌と区別がとても難しいため、従来は検定が困難とされていました。しかし近年、この菌のユニークな病原性について遺伝子レベルでの研究が進んだ結果、PCR法という非常に感度の良い検出法が利用可能となりました。弊社ではこの検出法を利用するとともに、菌の生態や苗生産システムにあわせた独自の検定法・防除法を確立し、既にカスミソウ親株の増殖と苗生産過程での無病確保に利用し実績をあげています。

(2008年2月7日)

[ TEXT:縄田 治 ]

  • ご注意
  • このページのコンテンツは花き業界の方々向けに発信しております。そのために 一般のお客様にご覧頂いた場合、用語などわかり難い点が含まれる可能性があります。ご覧になる場合は、一般のお客様に対する情報提供を目的としたページではなく、内容に関するお問い合わせ等にお答えできないこともあることをご了解ください。

▲このページの上部に戻る

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.