デュメンオレンジブランド

バックナンバー

役立つ病害虫の話

  • 役立つ病害虫の話
  • Disease And Insect Damage

ジャパンアグリバイオの研究員が、皆様に役立つ病虫害の情報を連載します。

役立つ病虫害の話

バックナンバーの情報につきましては、発表当時の内容をそのまま掲載しております。文中の農薬に関しましては必ず最新の登録状況をご確認ください。今まで使っていない農薬を使用する場合は、お近くの種苗専門店や農協、公共機関ともご相談ください。

  • ニチニチソウ疫病について
  • 2010.8.20

 

ニチニチソウ疫病の症状写真

写真1 ニチニチソウ疫病の症状
A:葉先や葉縁からの病斑   B:茎が侵され萎凋が発生

梅雨明けしたというのに、雨天が多く、蒸し暑い夏。ニチニチソウの花壇を見ると、写真1のように酷い葉枯れ症状の株を見つけてしまいました。これはニチニチソウ疫病という病気です。本病の症状は葉先や葉縁から淡緑色の水分を失ったような斑点を生じ、次第に拡大し,葉の大部分が枯れるように病徴が進行します。多発生すると茎の侵された部分が黒変し、その部分から上方の茎葉は枯れ、ついには株全体が枯死してしまいます。

 

疫病菌の顕微鏡観察写真

写真2 疫病菌の顕微鏡観察
A:罹病葉を室温(約28℃)で一晩水に浸す
B:Phytophthora nicotianaeの遊走子のう

この菌はクロミスタ界卵菌門に分類されるPhytophthora nicotianae と呼ばれる病原菌です。この病原菌は細胞壁が植物と同じセルロースからできており(菌類の細胞壁は通常キチンが主成分)、菌糸に特徴ある形状の遊走子のうを形成します。水分が多い条件に遭遇すると、本病原菌は遊走子のうの中で2本の鞭毛で泳ぐことができる遊走子を作り、これを水中に放出します。作られた遊走子の運動能力こそがPhytophthora による植物への感染被害を甚大なものとしている大きな要因です。

 

発病しやすい条件:
 高温期の7〜8月で多雨や多灌水など土壌水分が多いと発生しやすくなります。また菌の生育適温は30〜32℃と言われています。

 

診断のポイント:
 初期症状は葉先や葉縁の水浸状病斑、100倍程度の倍率で病斑部を顕微鏡観察し、特徴ある遊走子のうが観察されれば、間違いなく疫病です。病斑部を水に一晩浸すと簡単に遊走子のうや泳ぐ遊走子を観察できます。

 

伝染原と対策:
 Phytophthora nicotianaeは多犯性で多くの草花や野菜類にも寄生しますので、罹病植物残渣とともに、菌糸や卵胞子が残っている土壌ではニチニチソウ疫病も発生しやすくなります。未熟堆肥が伝染源になることもあります。もちろん発病株が水に濡れると罹病部から多数の遊走子が作られ、水はねなどで感染が拡大しますので、注意してください。


Phytophthora nicotianaeの生活環の図

図1 Phytophthora nicotianaeの生活環

 

対策としては
1. 罹病植物および周囲の土壌も残さず処分する。
2. 消毒した育苗用土を使用する。
3. 未熟な堆肥の使用を避ける。
4. 移植時にリドミル粒剤2を1株当たり0.5〜1g 土壌表面に散布する。
5. 排水性の良い用土を使用し、多潅水を避ける。
6. 十分堆肥化した有機物を導入して、土壌中の有益な微生物相を豊かにし病原菌の増加を防ぐ。

 有機質が少ない痩せた土壌はライバルとなる微生物が少なく植物病原菌にとって楽園です。あなたが使用している土や圃場は大丈夫でしょうか?

(2010年8月20日)
[ TEXT:森本 正幸 ]

  • ニチニチソウの病害
  • 2008.6.2

 

茎頂での疫病写真

茎頂での疫病   


地際茎での灰色かび病写真

地際茎での灰色かび病 


茎頂でのくもの巣かび病写真

茎頂でのくもの巣かび病

ニチニチソウを露地で栽培した場合には、比較的マイナーな菌核病、白絹病といった糸状菌病や、キュウリモザイクウイルス(CMV)によるモザイク病、ファイトプラズマによる叢生(そうせい)、緑花、黄化といった病害も発生しますが、温室での生産段階で問題となる病害となると、疫病、くもの巣かび病、灰色かび病、苗立枯病の糸状菌(カビ)による4種病害ではないでしょうか。今回はこれら4種の病害の特徴について簡単に紹介します。

 

●疫病
・水中を泳ぐ「遊走子」と呼ばれる胞子を作り、水を介して広がっていく。
・茎頂から黒褐色に枯れ込む、葉に褐色の病斑を作り、茎に侵入して株を枯死させる。
・湿度が高い条件ではかなり細い綿毛状の白色菌糸を病斑上に形成する。

 

●灰色かび病
・花がらや葉、地際の茎に感染し、茎に侵入すると枯死させる。
・通常の環境で多量の灰褐色の胞子を密集して形成する。

 

●くもの巣かび病
・花が付いた頃に茎頂から一気に枯れる。地際茎に発生した場合、株が萎凋(いちょう)、枯死する。
・多湿条件下では、特徴的な太く白色の菌糸と灰黒色に見える少し長い柄についた丸い塊(多量の胞子)が枯死部位に絡み付いている。

 

●苗立枯病
・胞子は形成せず、菌糸(白色〜薄褐色)が伸びて伝染する。
・プラグトレーでは坪枯状、ポット株では下葉から順次枯死する。
・枯死部位付近の用土表面や茎表面に薄褐色の菌糸が肉眼で見えることがある。

比較的新しい罹病部位を取り、軽く湿らせたティッシュペーペー等とともにビニール袋に入れて25℃前後のところに1〜2日おいておくと、それぞれに特徴的な菌糸や胞子が観察できて判別しやすくなります。予防と防除にはいずれも灌水量を適切にコントロールし、過湿条件にしないこと、どの病害か見極め適切な農薬を用いることが必要です。

(2008年6月2日)

[ TEXT:縄田 治 ]

  • ご注意
  • このページのコンテンツは花き業界の方々向けに発信しております。そのために 一般のお客様にご覧頂いた場合、用語などわかり難い点が含まれる可能性があります。ご覧になる場合は、一般のお客様に対する情報提供を目的としたページではなく、内容に関するお問い合わせ等にお答えできないこともあることをご了解ください。

▲このページの上部に戻る

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.