バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム03 農業統計学 2010.12.10

今日は農業における統計学の活用、というお話をします。

私は、2つの現場的活用法があると信じています。


1つは、前回触れた、農業におけるセントラルドグマ「P=G×E」に関わる内容です。

可視化できる表現型は環境の影響を受けたものですから、遺伝子型の影響に関する真実を知るためには環境の影響(E)を排除してあげる必要があります。 これは、試験設計を元に真実を知ろうとする取り組み方法である「演繹的アプローチ」でも、また、幅広く収集したデータを元に真実を知ろうとする「帰納的アプローチ」でも共通です。

その際に、有益なのが「統計的方法」であり、名著「スネデッカー・コクラン統計的方法」に紹介されているように、t検定やF検定が有効です。


2つめは、品質管理における標準偏差(シグマ:σ)の活用です。

ご案内のとおり、第2次産業では、「シックス・シグマ」(出荷基準の幅を標準偏差の6倍に設定した品質管理)が常識になっていますが、個体間のバラツキが大きい農業分野では、私は「ワン・シグマ」(出荷基準の幅をシグマの1倍に設定した品質管理)に取り組むのが適当であろう、と考えています。


いつの日か、私達の花き産業界、あるいは花き種苗業界が、標準偏差(シグマ:σ)が共通言語になり、2次産業界に準じた品質管理体系をもとに、もっともっと「プロフェッショナル」なサービスを提供できるような会社に変身していきたい、と考えています。


2010年12月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;

I would like to refer to “Utilization of statistics in agriculture business.”

I strongly believe that there are two ways, in general.


The first one is relating to the content of “Central dogma in agriculture” I referred the other day, which is the formula “P=G×E” As I explained the watchable Performance (Phonotype) is reflected by the Environment.

Thus, if you want to know the true capability of genetic background (Genotype), you have to exclude the influence of Environment. This approach is required not only in “Deductive method” but also in Inductive method”.

In these analytical method, “Statistic” is quite useful, and especially I recommend to use “t-test” or “F-test”, which are introduced and explained deeply in the famous book “Statistical Method” written by Snedecor & Cochran.


The secondary one is practical use of “Standard deviation : sigma (σ)” in the quality control front.

As you know, in the advanced industry, “Six sigma quality control” has become a common sense, however, in case of agriculture where individual deviation is quite large, I believe even “one sigma quality control” is adequate and will contribute a lot.


Some day, in our flower industry, or in our flower breeding / distributing industry, I hope “Standard deviation : sigma” will become common and standard word.

My dream is that under such advanced quality control system in flower industry, Japan Agribio Co., Lltd. will be able to be transformed to real “professional” organization who can serve much more service to customers.


With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.