バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム05 謹賀新年 2011.1.7

謹賀新年。

あけましておめでとうございます。

本年も、「プロフェッショナル」なサービスを提供できるような集団を目指す、私どもジャパンアグリバイオを宜しくお願いいたします。


個人的な話で恐縮ですが、私個人は、いよいよ、3年間に及ぶ大殺界の最終年度を迎えます(ただし、20年間に亘る宿命大殺界は2014年まで続くのですが)。


新春にあたり、私は、「経営者としてのミッションは、(1)会社価値を増大させることと、(2)従業員一人ひとりの個人価値を向上するお手伝いをすることにある」という誓いを、再確認しました。 新たな想いで、来るべき1年間(山あり谷ありだろうなあ、なんせ大殺界なのだから)を、従業員の大切なご家族とともに、笑顔で楽しく乗り切りたいと思います。


閑話休題。みなさんもNHKテレビ「坂の上の雲」をご覧になっていると思いますが、私は毎回の放映の冒頭に出てくる映像と、渡辺謙氏のナレーションが大好きです。


以下原文引用

  "まことに小さな国が、開花期を迎えようとしている……明治の時代人の気質として前だけを見て坂を上っていく……"


これは、司馬遼太郎氏の歴史観、特に日露戦争までの明治人(これが理想だと彼は考えている)、そして、その対比としての日露戦争後の奢った堕落した日本人(特に軍部。軍部の暴走が日露戦争までの蓄えを食い潰すとともに国家破綻を引き起こした)が凝縮された、いい言葉です。(ですので、日露戦争にあたる時期が開花期なのです)

私は、この司馬氏の言葉を、もし、今の当社に当てはめるとどうなるか?と考えてみました。 多分、それは、以下のようになるでしょう。


  "まことに小さな会社が、発芽期を終えて、栄養成長期を迎えようとしている。まだまだ、大きな発展の余地を残しており、会社としてのピーク(開花期)は10年も20年も先である。ISO9001とリスクマネジメントを武器に、2010年の様々な出来事や、これから待ち受けているであろう困難や、社長の大殺界もいとわず、真っ直ぐに前だけを見て坂を上っていく……"


本年もどうぞ宜しくお願いします。


2011年元日

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


Happy New Year 2011.

I wish you will have very prosperous year and I would like you to support Japan Agribio Co., Ltd. who is aiming to become a professional entity making the best service to you in near future.


Privately, the year of 2010 is the last year for me in the continuous very bad three (3) years according to one of the most famous female prayer in Japan. (However, according to her, I am still in the very bad 20 years period in general, which will make end in 2014 at last. Oh, my god!)


As a kind of new years' resolution, I have reminded myself the following mission as a management, that is, there are two objectives of management,

1. To increase company's value

2. To support every employee to improve her individual value

Taking this opportunity of the New Year resolution, I would like to declare, "Yes, we can overcome certain difficulties in 2011 by means of joint support each other with smiling faces of each employee's family members.


By the way, I like one of NHK TV movie, namely "Saka-no-ueno-kumo" originally written by novel writer Ryotaro Shiba. Especially, I love the starting beautiful scene with the lovely narration by the actor Ken Watanabe, indeed.

The narration is "There was really small county, Japan at the beginning of 20th century. At the moment, Japan is stepping up to the "Flowering stage" as a nation. If you ask me to apply such similar phrases to the current status of Japan Agribio Co., Ltd., what will happen?


My answer to you is

"There is really small company, namely Japan Agribio Co., Ltd. And, now she is passing germination days and is jumping up into the vegetative growth period. This company will still continue to grow and you have to wait for the flowering period more than 10 or 20 years from now on. The company is climbing long and winding sloop, having (1) ISO9001 and (2) Risk management as tools in her hands."


With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.