バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム13 PPMとコアクロップ 2011.4.22

ドラッカーを筆頭とする「経営学」の教えの1つに、手法としての「PPM(Product Port Folio:プロダクト・ポート・フォリオ)」、および、そのアウトプットとしての「選択と集中」というものがあります。


当社も2008年度から、その「PPM」に取り組み、その結果として、以下の5つの「コアクロップ」に資源を集中していく方針を決定しました。 その「コアクロップ」とは


切花カーネーションの苗<発根苗>
切花キク(スプレーギク)の苗<無発根苗>
ポットカーネーションの苗<発根苗>
ガーベラの苗<組織培養由来の馴化苗>
切花バラの苗<発根苗>

の5つです。


その他のクロップ(品目)、例えば、リモニウム、カスミソウ、ポインセチア、ヒペリカムなどについては、残念ですが「撤退」いたしました。 これ以上当社がかかわっていても、関係する皆様にご迷惑をおかけする状態が続くに違いない、という判断を下したのです。 その後、具体的には、ライセンサーとのライセンス契約を解約したり、苗取引の中止を敢行しました。


当社の「選択と集中」という経営判断のためとは言え、関係する皆様に多大なご迷惑をおかけしました事を、この場をお借りして、真摯にお詫びしたいと考えます。


ただ、その一方で、社内外で文字通り「血を流しながら」、社会的存在意義(レゾンデートル)の象徴である営業黒字を実現できております事は、皆様のお取引のおかげであり、衷心より感謝申し上げます。


2011年4月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


One of the most important subjects in "Management theory” which Professor Peter Drucker also referred is the analyzing process of “PPM” (Product Portfolio Management) and its output, that is action of “Focusing on core business”


As you might know, we, Japan Agribio Co., Ltd. have been challenging this PPM since financial year 2008.

In short, we have had decided our management direction to focus our resources into the following “5 core crops”;


1.Cut carnation
2.Pot carnation
3.Cut chrysanthemum
4.Cut Gerbera
5.Cut rose

Regarding other crops like Limonium, Gypsophila, Poinsettia and Hypericum etc., we have regrettably decided to quit the business activities.

The reason why we have made such regret decision was the fact that we considered there is no added value when we are involved into such crops business if we continued to be involved in transaction, it seems there might be so much trouble at all relating stakeholders Under such decision we made, we have been very busy in communicating with licensors to terminate the license agreement or to stop purchasing contract.


I sincerely apologize for all inconveniences at all stakeholders caused by our decision to focus “5 core crops”, taking this opportunity.

On the other hand, I also would like to appreciate your collaboration and support to us since thanks to your understanding we have succeeded to turn around the situation of the company to book positive operational profit figure, which I believe the symbol of “l’reason de d’être” in a sense.


With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.