バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム14 DNAマーカー 2011.5.13

栄養系育種プログラムは、交雑実生集団から個体選抜をすれば良いので、「至極簡単である」という内容を、このコラムでも述べてきました。

また、その選抜した個体そのものが品種となる訳ですから、品種の優劣に目をつぶれば「誰でも育種家になれる」とも言ってきました。


ただ、本当に優秀な品種、優れた特性を有する品種を育成していこうと思ったら

優秀な特性を有する親系統(品種)を選定し
その特性を有する個体を効率的に(少ない集団から高い確率をもって)選抜していくという

プロセスが内包されたシステムが必要不可欠です。


では、上記①②を実現して、高い確率で、優秀な栄養系品種を獲得するにはどうしたら良いのか?

かつては、「育種家の勘」という回答で我慢しなければなりませんでしたが、いまや、DNA科学技術の発展により、「DNAマーカーを用いた選抜」という方策が実用化されています。

これは、種子系・栄養系にかかわらず、「育種のプロセスを透明化」し、「育種効率を格段に高め」て、「育種目標に掲げた、本当に獲得したい形質(特性)をもった個体を得る」ための魅力的なツールだという事ができます。


私達、アグリバイオ・グループでは、この「育種の大幅な効率向上」が期待できる、「DNAマーカー」を利用した選抜技術を、その育種プログラムの中で既に実用化しています。

しかしながら、その利用範囲はいまだ限定的であり、「ある特定のDNAマーカーと連鎖関係が明らかな特性」の選抜に限られています。

今後は、この利用範囲を拡大していくこと、特に、既存の検定システム・評価系の構築が難しい形質(特性)へ応用していくこと、その結果として育種効率が劇的に向上していくこと、が期待されます。


2011年5月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


I explained in this column that in vegetatively propagated breeding program,

a. What you have to do is to conduct individual selection from seedling population

b. Thus. It is rather easy for you to carry out breeding activities

c. And, the selected individual will become a “variety"

d. As consequence, every one can be a “breeder" in a sense.


However, if you want to obtain “really excellent" variety as outcome of breeding program, you need to prepare

1.To set up parental lines which have certain “excellent" characteristics
2.And to install good selection system, in which you will be able to conduct screening activities with high probability (succeed to select “excellent" individual from quite small population).

The next question would be “How we can realize above 1. and 2. in actual “day to day" breeding operation?"

In the past, they normally replied “It depends on the brain and expertise of breeder."

But, nowadays, you have quite advanced and modern technology namely “DNA marker" oriented individual selection system which will be able to realize above 1.and 2.


This “DNA marker" oriented individual selection system is used not only in “seed raised breeding program" but also in “vegetatively propagated breeding program".

You can say that this “DNA marker" oriented individual selection system is quite useful and attractive tool, which enables us to make breeding process transparent to improve breeding efficiency quite remarkably to get ideal individual which certainly have targeted trait / characteristics.


We, Agribio group has already implemented this “DNA marker system" in her breeding program.

However, as a matter of fact, the actual usage is rather limited at this moment due to the fact that we can only use a few DNA markers which linkage with major characteristic locus (genes) is clarified.

What we have to do is to try to expedite to expand its usage of DNA markers even to rather complicated characteristics which evaluation / screening system is difficult to establish.


With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.