バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム19 栄養系種苗ビジネスの事業構造(1) 2011.7.29

栄養系育種プログラムと種子系育種プログラムの違いについて、過去、このコラムで触れてきましたが、それでは、栄養系種苗会社としての事業構造はどうなっているのか? この事について考えてみたい、と思います。


栄養系種苗会社としての事業構造は、2種類の契約をベースに成り立っている、と言ってよいでしょう。

1つは、「生鮮物」と呼んでよいかもしれない「栄養系苗(クローン)」を、自社生産・他社からの購入を問わず、営利生産者の皆さんの「生産用材料(スタータープランツ)」としてお届けする事をお約束する、「苗売買契約(場合によっては苗取引契約、栽培契約とも呼ぶ)」。

もう1つは、“「優秀な品種の、無病で遺伝的にも安定した純度の高い増殖用母株」の提供を受け、当該品種のクローンを自ら生産・増殖(自家増殖)していく見返りに許諾料(ロイヤルティ)を品種育成者へ支払う”という「ライセンス契約」(「サブライセンス契約」を含む)を中心とした事業形態・事業構造です。


「苗売買契約」を骨格とした事業構造をとるか、「ライセンス契約」を中心とした事業構造をとるかは、各品目(クロップ)によって異なります。すなわち、

(1)自家増殖をした場合に、病害の蔓延(特にウイルス、ウイロイド)の危険性が高いかどうか? 万が一、蔓延した際に防除・コントロールが可能かどうか?
(2)同様に、自家増殖をした場合に、本来の品種特性の維持が可能かどうか?
(3)自家増殖をした場合に、育成者の権利を保護する種苗法の概念が適用されるかどうか?
(4)「生鮮物」の海外からの輸入・輸送を考えた場合に、ダメージが大きいかどうか? コスト的に採算が取れるか?

などを総合的に勘案して判断をするのが普通です。


弊社の取り扱い主要5品目(クロップ)にあてはめると

切花カーネーション = 「苗売買契約」
ポットカーネーション = 「苗売買契約」
切花キク = 「苗売買契約」と「ライセンス契約」
ガーベラ = 「苗売買契約」
バラ = 「ライセンス契約」

を主体にした事業構造をとっています。


次回は、「ライセンス契約」の中身について、もう少し掘り下げてみます。


2011年7月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


I referred the nature of vegetatively propagated breeding program and seed raised breeding program in this column in the past.

Today, taking this opportunity, I am going to explain the business structure of vegetatively propagated floriculture business activities.


As you know, we, basically, the business structure of vegetatively propagated floriculture crops are standing on 2 kinds of contract / agreement.

1. Cutting / young plants sales and purchase agreement, which is effective in the business transaction of "fresh plants" to be used as "starter material" at growers side. 2. License agreement, under which licensor provides licensee with elite mother plants and licensee conduct self-propagation to pay license fee to breeder / licensor.

It depends on crops whether the business structure stands on "Cutting / young plants sales and purchase agreement" or "License agreement."

In other words, we have to ask yourself

(1)Whether any virus / viroid is easily contaminated in case of self-propagation? Whether you can control any virus / viroid contamination by yourself somehow?
(2)In case of self-propagation, whether you can expect to obtain same characters of the variety? (genetic stability)
(3)Whether there is any legal environment or act, under which you can expect PBR shall be protected?
(4)Whether you can minimize the damage of the transportation towards "flesh plants"?

How about major 5 core crops in Japan Agribio?

-Cut carnation business = Sales & purchase agreement
-Pot carnation business = Sales & purchase agreement
-Cut chrysanthemum = License agreement and Sales & Purchase agreement
-Gerbera = Sales & purchase agreement
-Rose = License agreement

With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.