バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム20 栄養系種苗ビジネスの事業構造(2) 2011.8.12

栄養系種苗ビジネスの肝である「ライセンス契約」につきご説明します。


「ライセンス」というと何やら難しい響きですが、一般には

「ライセンサー」が開発した、あるいは「ライセンサー」が所有権(あるいは知的財産権)を有する商品等につき、「ライセンサー」は「ライセンシー」に対して、その使用を許諾する。
「ライセンシー」は使用許諾を受けた見返りとして、「使用の状況を報告(レポート)」し、その使用状況に応じた「ライセンス料」を、「ライセンサー」に対して支払う。

上記が「ライセンス契約」の骨格です。

この骨格は、何も、花き栄養栄種苗ビジネスの世界だけで独特のものではなく、身近なところではコンビニエンスストアや、その他の医薬品製造、自動車業界のエンジン供与などでも同様だと思います。


では、何が「栄養系種苗ビジネス」における「ライセンス契約」の肝なのでしょうか?


それは、「ライセンス契約」の中で規定される、「ライセンサー」「ライセンシー」の役割分担・機能分担と関係します。

栄養系種苗ビジネスにおける品種は、種子系F1ハイブリッド等と異なり、

設計図が存在せず、一旦獲得した品種を再現する事は不可能である事から
常に「生鮮物」とも呼べるクローン苗(コピー)を作り続ける必要があります

という事は、「ライセンサー」は常に「遺伝的に安定した優秀な無病母株(エリート株)」を供給し続ける責任があります。

一方、「ライセンシー」は、農作物のセントラル・ドグマである「P=G×E」の大原則(社長コラムNO.2NO.3をご参照下さい)に基づき、「ライセンサー」から提供された品種「エリート母株」が、日本の環境化でどのような表現型(P)を示すか、必ず、適応性検定(試作)を行う必要があります。

即ち、まとめると、一般的には

(1)「ライセンサー」は品種を開発し、「遺伝的に安定した優秀な無病母株(エリート株)」を「ライセンシー」に提供する責任がある。
(2)一方、「ライセンシー」は、日本の環境化での適応性検定を実施して、環境に適応した品種(Pが優れた品種)を選定・確認し、その品種の販売プロモーション活動を担う(例:日本国内での品種権代理申請やカタログ作成など)。そして、その活動結果を定期的に「ライセンサー」へレポートする。

この(1)と(2)の内容の役割分担・機能分担につき合意したものが、「ライセンス契約」であり、その分担割合によって、支払うライセンス料の金額が決定される、もしくは、「ロイヤルティ」料率の配分を決定します。


2011年8月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


Taking this opportunity please let me try to explain the essence of "License agreement" which is KFS of vegetatively propagated business activities.


The meaning of "License" can be summarized, in general

1."Licensor" has developed certain products or has the ownership of IP (Intellectual properties) Right. "Licensor" grants "Licensee" to use such product.
2."Licensee" shall make report to Licensor, in which status of usage shall be included. and pay "License fee" to Licensor.

Above described is the basic business structure of "License" business in general.

As you know, you can see some similar "License" business structure not only in floriculture but also other business lice pharmaceutical, car industry and convenience-store business etc.


Then, what is the KFS (Key For Success) in the "License agreement" based vegetatively propagated business.

This is relating to the role and function as licensor and licensee which shall be defined in the "License agreement".


Regarding varieties in vegetatively propagated business which are totally different from F1 hybrid basically,

-there is NOT any blueprint of the breeding history, thus it is almost impossible to obtain such individuals which is genetically equal to the selected variety, again
-then, licensor (breeder) shall continuously provide the clone plant (copy plant) to licensee, which must be clean without any virus / viroid contamination.

In short, Licensor shall have obligation to produce and deliver "Genetically stable and clean virus / viroid free Mother Plants (i.e. Elite Mother Plants)" continuously.

On the other hands, Licensee shall conduct Adaptability Trial, in which such Elite Mother Plants shall be checked what kind of performance they show under Japanese circumstances.


In other words, in general

1.Licensor shall
-develop varieties, and
-have responsibility to provide Licensees with genetically stable and virus / viroid free Mother Plants.
2.Licensee shall
-conduct Adaptability trail under Japanese circumstances
-select high performance varieties
-promote / sell such selected varieties and
-make report such sales activities

And, Licensor and Licensee shall agree with such role / function among them.

Based on such agreements, both parties shall sign to License agreement, finally, in which royalty split between parties shall be clearly stated.



With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.