バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム21 私の転換点さかのぼり(1)英国オックスフォード 1998年 2011.8.26

「栄養系種苗ビジネスの肝」という難しい話が続いた後ですので、お口直しに、私の転換点という題で何回か連載する事にします。英語で言うと「ターニングポイント」。

私の場合は悲喜こもごもの「コペルニクス的転換」です。


オランダ駐在は1997年4月から2001年6月までの約4年間でしたが、駐在開始間もない1998年1月から2月にかけて、英国・オックスフォード大学テンプルトンカレッジの社会人対象短期集中経営学コースである「Advanced Management Program(略称AMP)」に参加する機会を与えられました。

MBA(経営学修士課程)をぎゅっと濃縮したようなコースで、これが「本当にきつかった」です。

なにしろ、私は、1982年の入社以来、オランダ駐在の辞令を受けるまで、原則、ずーっと、植物開発研究所(開設時は原料研究所)という、いわば、「白い巨塔」で研究員として勤務していた訳で、「財務」「会計」「マーケティング」「ビジネスプラン」といった「経営」に関する知識・リテラシーは、全て独学でしたから、不安いっぱい。

そもそも、英語だって、当時はようやくTOEIC700点を越えたところでしたから、講義の内容・宿題の資料調べはまだしも、議論(ディベート)やら発表では、全くついていく事ができませんでした。


ですから、他の参加メンバー(インターナショナルな企業の部長・役員クラスのアングロサクソンが主体)は、のんびりと風光明媚な英国の生活を目いっぱいエンジョイして、やれロンドンだ、やれコッツウオルズだ、今度はストラットフォード・オン・エイボンだの、大学主催の週末ミニツアーに出かけるのだけれども(これも数百万円の受講費に含まれていたはず!)、こちらは、寝る間も食事の時間も惜しんで辞書と首っ引きの毎日でした。


ただ、この5週間の毎日は、年々衰えていく体力の事も考えると、まだまだ徹夜も平気なこの年代で(当時は40過ぎた頃)、「英語漬け」+「24時間勉強」+「経営単語頻出」という大変得がたい経験であった事は確かです。

若干無謀でしたが、貴重な「他流試合」。

テンプルトンカレッジはその後改組されて、現在は、セド・ビジネススクール(Said Business School)と名前も変わっていますが、AMPのお陰で、私はOxford University Said Business School の同窓生(Alumni)扱いです。


その後の2001年6月までの、欧州統括純粋持株会社の社長としてのマネジメントの基礎の拠り所は、このオックスフォードでの「異文化環境」です。

ただ、この「異文化環境」に耐える事ができたのは、それに遡る15年前の文字通りの「筆舌に尽くし難い異文化体験」があったからだろうなあ……と、得心する事があります。

それは…………以下、次号。



2011年9月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


In the last 2 columns, I tried to explain KFS of vegetatively propagated business activities.

I perceive it might be rather serious topics.

Thus, in order to change the taste a little, I try to disclose my private experience to you with the title of "My turning points in my life".

I will tell you 3 experiences to you, which is a kind of "Copernicus" like turning point.


The 1st experience I would like to explain to you today is "Oxford University UK in 1998".


I stayed in the NL from April 1997 through June 2001.

During my stay in the NL, I received a great opportunity to take "Advanced Management Program (AMP)" at Oxford University in 1998.

It was a kind of condensed study course of MBA (Master of Business Administration) and for me it was quite tough and hard.

Since I had been working as researcher / breeder in Plant Lab. in Japan until the moment I received new assignment to move to the NL in 1997, and I had studied by myself "Finance", "Accounting", "Marketing" and "Business Plan" etc.

Even regarding English, at that moment, I just succeed to obtain up 700 TOEIC score, and it was so difficult for me to catch up with normal English conversation.


As conclusion, other AMP participants (most of them were international business persons mainly coming from Anglo-Saxon countries), totally enjoyed college life having short tours for London city, Cotswold, Stratford-on-Avon every weekend.

On the other hand, I was obliged to study every 24hours in order to prepare lectures, presentation and homework with dictionaries.


However, if I try to review these Oxford days in 1997 at this moment, it was quite fruitful and helpful "Cross culture" experience for me to cope with quite tough days in the NL until 2001.


Nest time, I will try to explain my first "Cross culture" experience, which was more than back to 15 years before Oxford in my life.

I have to admit that it was too severe for me, but thank to the first "Cross culture" experience I perceive I could survive Oxford Cross culture experience.



With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.