バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム22 私の転換点さかのぼり (2)中国・北京外国語学院 1983年 2011.10.7

「どんなに逆立ちしても、アングロサクソンには敵わない。」「狡猾かつスマートなアングロサクソンになんとか伍して行こうと考えるのならば、圧倒的な理論武装と現場での強さが必要だ。」と痛感した1998年。

そこから遡る事15年、中国の首都、北京が今回の舞台です。


1983年1月、私は北京市海定区魏公村(当時)にあった北京外国語学院留学生宿舎において、なかば絶対的な、克服し難い「民族の違い」「社会の違い」「政治体制の違い」を実感していました。

当時の私は、日中経済協会経由で企業が派遣した「半年間の中国語語学留学生」。

中国語の基礎知識もない(当然!)、海外留学を希望していた訳でもない技術系新入社員の私が、どうして?何のため??に、この半年間の中国語語学留学(研修)の機会を与えられたのか、今でもよくわかりません。

多分、何かの手違いだったんだろうなあ・・と思います。


半年間の「詰め込み(オックスフォードと同様)」中国語研修期間中に寝起きしたのは、解放軍兵士が常に校門に常駐する留学生宿舎のたしか3Fにあった日本人の階。同室は、当時ブルドーザーで有名なT社から派遣されていた同年代のA君(彼は今、某航空会社のアモイ支店長)。階段に番人のおばさんが居て、通行が制限されていた4Fは、北朝鮮エリート留学生の階、2Fはカンボジア(ポルポト派子女)留学生の階、といった具合で、鄧小平の「改革開放」が始まってはいたものの、まだまだ毛沢東や周恩来の死(1976年)から立ち直れていない時期。人民元と外貨兌換券が共存する、まさに、一国二制度の真っ只中でした。


当時の私は、それこそ、発音(四声)もままならず、必死で中国語単語や文章を丸暗記する、日本からの企業派遣留学生だった訳ですが、この半年間に学んだ事は多数あります。例えば

(1)新聞(特に日本経済新聞)の読み方を身につける。また、ニュースソースとしての新聞の重要性を再認識。
(2)第三者の視点で日本を見るという、スタンス。
(3)いくら言葉で説明しても絶対的に超えられない「基本認識の相違」の存在。(「話しても判らない」ケースがある!!!)
(4)その「基本認識の相違」をもたらす、歴史・政治・教育・環境の影響の重要性。
(5)この留学を契機に中国の歴史(特に1949年以降の建国後)を徹底的に勉強し、「個人崇拝」「権力闘争」の恐ろしさと、その過程における、周恩来と鄧小平の冷静な「ボランチ」的対応の的確さを学んだ事

などなどです。

これらの大部分は、まさに、現在の私の数少ない強み・嗜好を形成している部分が多いのではないかなあ・・・と、自分でSWOT分析をするといつも感じます。


では、今も私の人格の大部分を構成する「圧倒的弱み」とは?? それを形成した時期とは??? 以下次号。



2011年10月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


I have to admit that I was so much impressed by talented, smart and cool Anglo-Saxon gentlemen during my school days at Oxford in 1998.

Please let me back another 15 years to 1983 at the place of Beijing, capital of China.

When I move to a dormitory for foreign students at Beijing Foreign Language Institute located at We-kong-cun, Beijing city, I was so much impressed by “Cross Native” oriented, “Cross Society” oriented and “Cross Political” oriented differences which seemed rather difficult for me to overcome.

My position at that moment in 1983 was a student who can study Chinese for 6 months under the cooperation of Japan-China economic society.

And I was just a freshman who entered into Kirin in April 1982.

Frankly speaking, I did not have any idea (even still nowadays) why the company of Kirin selected me who did NOT speak Chinese at all and who did not have any private wish to lean at overseas countries at that moment.

I guess there might be some mistake or miss-operation at somewhere inside the company.

Anyway, I started my Chinese language school days at the dormitory in 1983 when China was still struggling from new direction setting up after the death of Mao Za-tong and Zhou Wen-rai in 1976.

In those days, I was just a student learning Chinese language coming from abroad, and I had so many difficulties to pronounce in Chinese 4 ways.

However, of course, I leaned a lot during my stay in Beijing for 6 months.

1.To learn how to read newspapers, especially Nikkei.
2.To obtain the position to look Japan from the third party’s point of stance
3.The fact that there exists absolutely difficulty to understand each other in some cases
4.History, politics, education and environment which shall bring the absolute difficulty to understand
5.Taking this opportunity, I started to study Chinese history, especially after 1949 when Chinese communist succeeded to win the civil war and to establish new country.

And I learned a lot of men’s jealousy and power politics.

Moreover, I started to understand there was quite calm and clever gentlemen like Zhou Wen-rai and Dong Shao-ping

If you want to let me exercise my SWOT analysis, there are a few Strength which seems to come from my Beijing days.



With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.