バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム27 Agribioグループの戦略:2012年へ向けて 2011.12.22

前々回のコラムで、Agribio グループは、オランダ園芸業界ランキング11位に位置している、というお話をしましたが、では、Agribio グループはこれからどの方向に向かっていくのか、ご説明を差し上げたいと思います。


はっきり申し上げることができるのは、

1.

切花・鉢物・花壇苗の栄養系種苗事業に特化し(ドメインの定義)

2.

全世界のグローバルな営利生産者に対して(テリトリーの定義)

3.

品種開発・種苗生産・種苗販売 という機能を強みとして(強みの定義)

4.

イノベイティブ、かつ、プロフェッショナルなサービスを提供していく(想い)

事業会社群で有りたい、という事です。


では、その規模感は?というと、

現状の2011年度連結決算の規模は、連結売上高は85百万Euroで、相当に高いレベルのEBITDA(Earning Before Interest, Tax, Depreciation and Amortization)なのですが、これを2015年には、連結売上高150百万Euro、連結EBITDA 30百万Euro(対売上高20%)まで拡大する方針です。

当然の事ですが、この拡大・成長の達成のためには、現在延長型の成長(Organic Growth)だけでは不十分であり、M&Aを活用した非連続の成長戦略が必要不可欠です。

現在進行型のM&A案件もいくつかある模様ですから、2012年の新年ご挨拶と一緒に、皆様にご披露できるのではないか?と考えます。

楽しみにお待ち下さい。


なお、日本単体のジャパンアグリバイオ(株)としては、以下のような方針で2012年以降に臨みたいと考えています。

1.

2008年から取り組んだPPMに基づく「選択と集中」は大きな成果(2年連続営業黒字、長期借入金返済、累損一掃、強い財務体質)を上げたが、今後は成長戦略へ。

2.

飛躍的に向上した粗利益(率)は引き続き堅持して、効率経営(Lean and mean management)を推進。

3.

ただし、「誠に小さな会社」である事を忘れずに、前線・現場との距離を短く保ちながら、「強みを活かした成長戦略を追求して成果を上げ」たいと考えます。

最近、家内が珍しく本屋さんから買ってきた雑誌のタイトルは、「NHK100分で名著。アランの幸福論」でした。

その副題には、「幸福だから笑うのではない。笑うから幸福なのだ。」という文章がありました。

アランが言うところの「笑い」を私たちの「誠に小さな会社」にあてはめると「プロフェッショナルなサービスのご提供」になるのだと思います。

即ち、「幸福だからプロフェショナルなサービスをご提供するのではない。プロフェッショナルなサービスをご提供するから幸福なのだ。」


2011年度は皆様に大変お世話になりました。

2012年も宜しくお願い申し上げます。



2011年12月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


Taking this opportunity please let me disclose future direction of Agribio group companies.


What I can tell you today would be the following strategy ;

1.

Vegetatively propagated cutting business activities covering cut flowers, pot plants and bedding plants < definition of domain >

2.

Towards world-wide professional growers < definition of territory >

3.

With strength of function chain from breeding, propagation through cutting sales < definition of strength >

4.

Achieve to make innovative and professional service < expression of wish >


Then, the next question would be the image of numbers?

Currently, the scale of consolidated Agribio group performance is

- Consolidated Total Sales  : 85 million Euro

- Consolidated EBITDA : (Quite high level)

Then, according to Agribio group strategy, we are aiming to become

- Consolidated Total Sales :150 million Euro

- Consolidated EBITDA : 30 million Euro (20%)


Naturally, in order to achieve above described challenging figures, it is essential to realize some M&A projects besides Organic growth.

Now, I understand that there are some M&A projects on-going, and I hope I can disclose the conclusion of such on-going projects to you with new-year message 2012 in near future.


I sincerely thank you very much for your business relationship with us in 2011, and I wish you could continue and enlarge our transaction in the future.


Happy new year 2012 !!



With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.