バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム32 ライセンスビジネスにおける税務 2012.3.9

すでにご案内のとおり、「アバランチェ」シリーズを始めとするバラ品種で有名な育種会社レックス社(LEX+)の買収につきましては、オランダにて2012年1月11日付けのアナウンス(プレスリリース)を実施しております。
日本国内では上記プレスリリースを和訳したものを関係各位に配信しましたが、その骨子が2月1日付け花卉園芸新聞および2月27日付け日本農業新聞に掲載されています。
オランダでは、一足先に昨年12月に買収しましたバーテルス・ローズ(Bartels Rose)社との事業統合・経営統合を計画しており、グローバルなバラ事業構造の再構築に少々手間取っております。
というわけで、まずは(1)レックス社とバーテルズ・ローズ社との統合、次に(2)グローバルなバラ事業構造の再構築、そしてその後に(3)各マーケットにおけるライセンシーの取り扱い、という順番で取り組んでいますので、日本国内の事業構造に関して皆さんにご紹介できるまで、もう少々お時間を下さいますか?


今回は上記のような理由から、予定を変更して「ライセンスビジネスにおける税務」と題してお届けします。


1.

大きな事業環境としての二国間租税条約
まず重要な確認作業は、国家間の租税・納税に関する条約(Tax Treaty)の存在の有無です。
この二国間租税条約の枠組みが存在しない場合は、当然ですが、ライセンスビジネスにおける税務につき、特に考慮が必要な部分はありません。
因みに、育種大国オランダと日本の間には、この租税条約が存在しますので、税務的な考慮が重要になります。


2.

二国間租税条約におけるライセンス料(ロイヤルティ)への課税
ライセンスビジネスにおいては、ライセンシーはライセンサーへロイヤルティを支払うのが普通です。 このロイヤルティ(ライセンス料)支払いについては、二国間租税条約に基づき、課税の対象となるケースとならないケースがあります。 課税対象となる場合は、ライセンサーの収入(Taxable Income)に対して源泉徴収税(Withholding Tax)を賦課する事になります。 オランダと日本の場合、昨年12月までの租税条約の枠組みにおいては、10%の源泉徴収税金が賦課されていました。 即ち、もし、ライセンサーが100Euroのライセンス料(ロイヤルティ)を受け取ることが確定しているのならば、

日本のライセンシーは、100Euro×10%=10Euro を、
源泉徴収税として日本でライセンサーに成り代って、日本の税務機関へ代理納税。
この時に納税証明書(Certification Tax Payment)を当局より受領。

オランダのライセンサーは、100Euro×90%=90Euroを
オランダにて送金受領する。

ことになります。


3.

ライセンサーの確定申告(Tax Return)
オランダのライセンサーは、この源泉徴収税10%について、どうするのでしょうか?
これは、当然ながら、各ライセンサーのオランダ国内の税務方針によりますが、例えば、ライセンス事業以外のオランダ国内ビジネスが赤字のライセンサーならば、当然ながら、毎年の確定申告(Tax Return)の中で還付申告を行って、源泉徴収税10%納税分を取り戻す努力を払うでしょう。
オランダは、日本とは比較にならない『税務先進国』ですから、繰り延べ税務資産(Deferred Tax Asset)の計上・運用はもとより、過去および将来の繰越欠損金との相殺が盛んです。
オランダのライセンサーが10%の源泉徴収税の還付に執念を燃やすのは当然です。
さて、ライセンサーの確定申告の際に必要となるのが、上記の納税証明書(Certification Tax Payment)です。
ですから、ライセンシーの義務として、この納税証明書オリジナルを常に、ライセンサーの手元へ送付し、いつでも確定申告(Tax Return)に備えておくことが肝要です。



と、ここまで、オランダと日本の2011年12月までの事例をもとに説明してきましたが、皆さんに朗報です。
即ち、2012年1月を以って、オランダと日本の新たな租税条約が発効したのですが、その新租税条約においては、なんと、『事前書類が揃えば、源泉徴収税納付が不要となる特例』が認められています。

これで、いちいち10%源泉徴収を計算して、納税して、納税証明をもらって・・・という面倒くさい業務が不要となったのです。


日本は、オランダ育種会社にとって、引き続き、魅力のある『利益を産みだす数少ないマーケット』なのです。



2012年3月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


As you might know, Agribio acquired the company of LEX+ who is quite famous of her own variety “Avaranche” and made announcement in the NL on 11th January 2012.
In Japan, we have already provided the Japanese translation of this press release above to major stakeholders.
In Kaki Engei Shimbun and Nihon Nogyo Shimbun, you will find out short article with the summary of above press release.


In the NL, Agribio is now busy for possible integration between Bartels Rose and LEX+ with the aim to establish global Rose business structure, and that is the reason and background why it takes so much time to be ready to make any announcement in terms of business structure in Japan.

In other word, the aiming procedure is

<1> Integration between Bartels Rose and LEX+
<2> Setting up global business structure
<3> Decision local business structure which would be suitable for global licensing policy

Thus, in short, please be patient for a while to wait for any further announcement in terms of Japanese business structure which might come based on the above procedure.


Taking into consideration current status regarding LEX+ varieties in the world, I am writing another topic in this column instead of update of LEX+ licensing policy in Japan.

New title is “Literacy of tax management in license business.”


1.

Tax treaty between two countries as primary business circumstances
As the first step, you need to check whether there exists any tax treaty between Japan and the residential country of your licensor.
As you know, between Japan and the NL, there is tax treaty.
Thus as conclusion, you have to consider and follow the content of the tax treaty very carefully.


2.

Withholding Tax system under the structure of tax treaty
In the second step, you have to check whether there is tax any regulation of withholding tax payment under the structure of tax treaty.
In case of the tax treaty between Japan and the NL, there used to be “10% Withholding tax payment” regulation applicable for license business relating income.


3.

Tax return application of licensor in the NL
It has nothing to do with licensee in Japan, but in some cases your licensors in the NL would make application for Tax return for the purpose of getting back 10% Withholding tax which was already paid in Japan.
In this process, your licensors in the NL needs “Withholding tax payment certification in Japan” as a kind of proof.
Thus, it is essential for you as licensee in Japan to receive any “Withholding tax payment certification” granted by Japanese tax authority when you pay 10% Withholding tax on behalf of your licensor in the NL.



Finally and eventually, as you know, the new tax treaty between Japan and the NL started effective as from 1st January 2012, and under this new tax treaty, it is stated “There is exemption not necessary to pay 10% Withholding tax under the condition that all documents are prepared in due course.” It is quite good news for you, I believe.



With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.