バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム33 EBITとEBITDA 2012.3.23

EBITとはEarnings Before Interest & Tax の頭文字をとった略語で、直訳すると「金利支払い前税前利益」となり、概念的には「営業利益(Operating Profit)」と同じレベルを指します。
また、EBITDAとは、Earnings Before Interest, Tax, Depreciation & Amortizationの略語であり、直訳は「金利支払い前税前減価償却前のれん償却前利益」となり、概念的には「減価償却のれん償却前営業利益」もしくは「フリーキャッシュフロー」が近いでしょう。

実は、私達アグリバイオグループの業績評価および進捗管理基準は、この2つの指標、EBITとEBITDAをもとに行われています。
なんともシンプルな指標です。
本業の儲けを示すEBIT、そして、産み出した(generate した)キャッシュの額を示すEBITDA、これだけです。
もちろん、これ以外にも、貸借対照表(B/S)における株主資本比率であるとか、不良債権額(Debtor’s position)であるとか、あるいは、現預金算高(Cash position)であるとか、たくさんの経営指標につき経営責任・説明責任を求められますが、管理の中心はEBIT とEBITDAの2つであると言えます。

また、ご案内のとおり、私どもは、オランダ親会社のもとに連結される外資企業ですから、EBITおよびEBITDAともに、オランダ会計基準(GAAP)に沿った数字でなければなりません。
例えば、以下の項目については、日本以上に相当に保守的な考え方が求められます。

1.

減価償却(Depreciation)の期間

2.

将来取得を前提としたリース(Financial Lease)

3.

従業員退職金引当金、賞与引当金、さらには有給休暇引当金(Provision for employee paid leave)


ですから、このような会計基準下で算出されるEBITおよびEBITDAについては、グローバルに通用する・透明度の高い数値であり、会社価値算出評価などの場合に使い勝手の良い数字である、と言えます。
では、グローバルな事業展開をするアグリバイオグループ全体の連結EBITおよびEBITDAはどれくらいか?というと、

連結売上高  85百万Euro

連結EBITDA 15百万Euro が公称数字です。


これを2015年には、各々、150百万Euro と30百万Euro まで持っていきたいというのがアグリバイオグループの成長戦略です。



2012年3月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


As you know, the word “EBIT” is a kind of abbreviation derived from “Earning Before Interest & Tax”, which is almost equal to the “Operating Profit”.
And, the word “EBITDA” is also abbreviation from “Earning Before Interest, Tax, Depreciation & Amortization”, which is similar with “Operating Profit excluding Depreciation & Amortization” or “Free cash flow”.

We, Japan Agribio group companies has management policy that performance review and progress control shall be executed by EBIT and EBITDA.
I have to admit that it is quite simple rule.
As you know, EBIT shows “How much you have earned from your core operation” and “EBITDA” indicates “How much you are generating cash”, respectively.
It goes without saying that there exists so many other management index like “Solvency ratio”, “Debtors position” and “Cash position” etc, however, I am saying that major 2 index are “EBIT” and “EBITDA”.

On the other hand, since Japan Agribio is non-Japanese company to be consolidated to Dutch mother company, we have to use the figures in accordance with Dutch GAAP
In this connection, we have to be much more conservative in some area like below described;

1.

Depreciation policy

2.

Financial lease

3.

Provision for employees retirement fee, bonus payment and paid leave


As conclusion, such “EBIT” and “EBITDA” calculated under Dutch GAAP shall have high transparency and global acceptance and are useful in case of computing company’s value much more accurate.
Then the question might be what is the current EBIT and EBITDA of Agribio group companies worldwide.
I normally reply in the following manner;

-

Agribio global consolidated sales 85 million Euro

-

Agribio global consolidated EBITDA 15 million Euro




With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.