バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム42 緊急号外:夏休み推薦図書 2012.8.10

栄養系種苗会社の業務は季節による繁閑があり、特に切花栄養系品目を扱う我が社にとって、8月は、デパートや衣料品店同様に、完全な「閑散期」です。
また、いわゆる「外資系」である我が社は、「9月本決算」「10月から新会計基準年度」ですから、7月・8月は、新年度の予算や事業計画・行動指針に思いを馳せる絶好の時期であります。
というわけですから、この時期は読書に最適であり、血となり肉となり得る「知識の栄養補給」を積極的に行なうべきであると考えます。
長い前置きになりましたが、以下に紹介する図書が「2012年版推薦図書」です。


(1)

「物語イタリアの歴史」(藤沢二郎著、中公新書)
言わずと知れた藤沢ワールドの傑作。
オランダAgribio の取締役5人中3人までもが夏季休暇をイタリアで過ごすらしいですが、その訳はこの本を読めば得心します。


(2)

「中華人民共和国史」(天児 慧著、岩波新書)
1949年10月1日に建国された中華人民共和国と、中国共産党内部での権力闘争、その背景としての「男の嫉妬」に迫る力作。


(3)

「男子の本懐」(城山三郎著、新潮文庫)
昭和の大恐慌のさなかに、「金解禁」を断行した、浜口雄幸首相と井上準之助蔵相の物語ですが、信念を持った男子とはこんなに強く逞しく雄雄しいものなのか?感激。


(4)

「異端の大儀」(楡 周平著、新潮文庫)
まさに、これは、誰かの人生そのもの・・・??


(5)

「悩む力」(姜尚中著、集英社新書)
最近読んだ本の中では、まさに出色です。
題名とは異なり、「自我」とは?「社会で働く」とは?「コミュニケーション」とは?「相互認識」とは?といった課題に対する回答と「今をどう生きるのか」という普遍的命題への指南書です。
「個人商店」の壁が高い方、将来に不安を感じる方は必読です。


(6)

「こころ」(夏目漱石著、新潮文庫)
「悩む力」を読破した後はこの不朽の名作へのロードマップが見えるはず。
私も古い蔵書棚から探し出しましたが、70年代の文庫本の文字はあまりにも小さいため、老眼鏡の御世話になる身としては改めて大きな文字の物を買い改めた次第!!




2012年8月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


As you know, we are dealing with vegetative propagated cuttings, and this is seasonal business activities.
Then automatically, we have quite poor sales especially in August, in general.
On top of it, due to the fact that we are non-Japanese company with financial account starting from October 1st ending 30th September, August seems to be adequate moment to consider YEE and next financial year Budget thoroughly.
In this connection, I have recommended some books to my colleagues for the purpose to use their summer silent time to improve their private value.
Below described table is “List of recommended books for summer 2013.”


1

Monogatari Italy no rekishi
You can enjoy Fujisawa world by reading this book.
In this summer 2013, three board members of Agribio are enjoying their summer vacation in Italy, and if you read this book then you can understand why they choose Italy for vacation location.


2.

Chuuka Jinmin Kyowakoku shi
You can obtain the knowledge in terms of the history of the country of People’s Republic of China established as on 1st October 1949.
Moreover you will find out the fact that the famous mistakes like Daiyakushin and Bunka Daikakumei were originally caused by the jalousie of Mr.Mao Zatong towards his colleagues.


3.

Danshi no honkai
In this book the days of Prime minister M.Hamaguchi and Financial minister Mr.Inoue were clearly described in detail.


4.

Itan no taigi
It must be big surprise that you might discover quite similar story in this novel with the life of - - - (maybe you can guess who he is).


5.

Nayamu chikara
Personally, I have been impressed by this book, recently.
You will enjoy the description and statement in terms of “Self conscious”, “Communication skill”, “Meaning to work in society” etc.


6.

Kokoro
It is normal that you would like to read this quite famous novel after completion to read “Nayamu chikara” accordingly.




With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.