バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム43 緊急号外:Ecke社を買収 2012.8.24

日本では竹島や尖閣諸島を巡って、若干ピリピリしたお盆を迎えていた8月15日、Agribio が、USAのポインセチア・ゼラニウムの育種会社として有名なEcke 社の株式を買収、というアナウンスが世界中を駆け巡りました。

今回は、“緊急号外:Ecke 社を買収”と題して、Agribio が発表しましたプレスリリースをそのまま掲載させていただきます。


【オランダ、デ・リエ市にて、8月15日に発表した内容です】

2012年8月15日、オランダに本拠を置く、世界最大規模の切花・花卉育種会社であるアグリバイオ・グループは、USAの育種会社Ecke Ranch(エッケ)社の全株式を現行株主一族から買収いたしました。 エッケ社は世界でトップレベルのポインセチア育種会社で、売上高規模は約25百万USD(約20億円)です。この買収成功により、アグリバイオ・グループは世界トップ3の切花・花き育種会社という位置をより強固なものとするとともに、取扱い商品レンジが大きく拡大することになります。

エッケ社は、保有する極めて高度な遺伝資源とともに、ポインセチアの業界では広くマーケットリーダーとして認識されてきた育種会社です。この買収成功により、アグリバイオ・グループは、これまで世界中のポインセチア鉢花営利生産者から要望の高かった「幅広い品種群の高品質苗の周年供給体制を確立する」という要望を満たす事が可能となりました。特に北米市場においては、既存のフィデス・オロ社のオペレーションと連携していく事で、ポインセチア事業がより強固な地位を占める事が確実視されます。また、ポインセチア営利生産者の現場での品揃えの改善向上を始めとして、小売店の店頭における課題解決にも大きく貢献できるような確固たる基盤整備が期待されます。なお、今回の株式取引後も、エッケというブランドはアグリバイオ・グループ内に引き継がれますし、経営陣や育種担当者も残留することが決定しています。

アグリバイオ・グループの最高経営責任者、ハリー・クロッペンベルグは「今回のエッケ社の買収を通じて、お客様に対して、より幅広い品種群とより高品質の苗を提供できることになり、これ以上の喜びはありません。また、引き続き、エッケブランドを使用できる事を誇りに思います。さらに、既存のフィデス・オロというブランドとの相乗効果によって、持続可能な成長と革新的な取り組みが可能になります。私は、今回の買収が、世界中の私どものポインセチア事業のお客さまにとって、素晴らしい機会となる事を祈念します。特に、ヨーロッパのポインセチア営利生産者の皆さんにとっては高品質種苗の周年供給を通じた貢献ができるものと考えます。」と述べています。

一方、エッケ社の社長であるアンディ・ヒギンスは次のようにコメントしています。「この買収によって、エッケ社はサプライチェーンのパートナーの需要に、より合致したポジションを占めることができると考えています。アグリバイオ・グループは、育種プログラムを強化し、サプライチェーンを革新的なものに変革し、小売店の期待に応えられるような存在に変貌していくために必要不可欠な存在です。」


グローバル・プレイヤーとしてのアグリバイオ・グループ

アグリバイオ・グループは、世界56カ国において年間10億本以上の苗を販売しており、栄養系の花き育種会社としては世界のトップ3の一角を占めています。アグリバイオ・グループを構成する主要な事業会社は、世界をリードする育種会社である、フィデス、ジャパンアグリバイオ、バルブレ・ブラン、レックス+の4社です。グループ全体の従業員数は約2,400名、連結売上高は90百万Euro です。

アグリバイオ・グループは、2010年3月に新たな株主の下での新体制となり、その後、効率向上と品種開発を目指して組織再編に注力してきました。その過程で、アメリカ・グアテマラで事業展開する「オロ・ファーム」の買収、および、オランダDNA分析研究会社「ジーン・ツイスター」への出資、オランダの種苗会社「バーテルス・ステック」、「バーテルス・ローズ」の買収を実現してきています。


エッケ社について

エッケ社はポインセチア業界での世界的マーケットリーダーとして広く知られています。鉢物における先進的育種会社として100年以上の歴史を誇り、また栄養系苗生産では、アメリカ合衆国における上位5社に位置づけられています。その苗生産設備は、アメリカ合衆国のみならず、メキシコ・グアテマラ・デンマーク・スペインに展開し、研究開発・苗生産・マーケティング・苗販売に携わる従業員総数は1,000名を数えます。



Agribio Group acquires American breeder Ecke Ranch

Acquisition of world market leader in poinsettia breeding


De Lier, The Netherlands, 15 August 2012 . Agribio Group, one of the world's largest flower and plant breeding companies, acquires the American breeder Ecke Ranch from the family owners. Ecke is the global leading poinsettia breeder, with a turnover of USD 25 million. With this acquisition, Agribio Group strengthens its global top-3 position and broadens the product portfolio.


Ecke Ranch is renowned as world market leader in poinsettia for many years with an extensive genetic pool. With this acquisition, Agribio Group meets the demand of growers throughout the world by offering a broad, year-round assortment. At the North American market, Agribio Group strengthens its position with the combination of Fides Oro and Ecke Ranch. This provides a solid platform enhancing innovation and grower and retail solutions. Ecke maintains its brand name after the acquisition and the management remains with the company, together with the breeders.
Harry Kloppenburg, CEO Agribio Group: “I am pleased that the acquisition of Ecke Ranch enables us to service our customers even better, with a broader assortment and more innovation power. We are proud to be able to continue with the brand name Ecke. Together with our brand Fides Oro, Ecke will give a strong impulse to sustainable growth and innovation. Therefore, I expect a lot from this new combination and the new opportunities which this offers to our customers worldwide. For our European customers it means they can now rely on a year-round product offering.”
Andy Higgins, President of Ecke Ranch: “With this acquisition Ecke Ranch is well positioned to address the needs of the supply chain partners. Our team remains committed to our poinsettia breeding and our customers. Agribio Group will be a catalyst to further our efforts through enhanced breeding, innovative supply chain solutions, and more focused retail programs.”


Agribio Group, a global player


Agribio Group is active in 56 countries and trades over one billion cuttings per year. The company is a global top-3 player in terms of breeding and vegetative propagation of plants and flowers. The Agribio Group includes top breeding companies such as Fides, Japan Agribio, Barberet & Blanc, Bartels Stek and Lex+. The company has 2,400 employees and annual sales of around 90 million euro.
The company became independent in March 2010. Since then Agribio Group made major steps to improve efficiency and now focuses fully on breeding of flowers and plants. Agribio Group is ready for further growth, as evidenced by the earlier acquisition of American company Oro Farms, Bartels Stek and Lex+ and the stake it took in Genetwister Technologies.


Ecke Ranch


Ecke Ranch is world market leader in poinsettia. As a prominent breeder of flowering plants with a history of nearly 100 years, the company belongs to the top 5 cutting producers in the United States. With facilities in The United States, Mexico, Guatemala, Denmark and Spain, Ecke Ranch employs or contracts more than 1,000 staff dedicated to research and development, production, marketing and sales.

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.