バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム44 PBR 〜栄養系種苗会社の利益の源泉〜 2012.9.14

PBRすなわち、Plant Breeders Rightは、日本では「品種権」とか「植物育成者権」というふうに訳されています。
このPBRこそが、種苗会社・育種会社にとって最も重要な利益の源泉の1つである事については異論の無いところだと思います。
中でも、特に、「コピー苗の生産・供給」という事業構造を元に活動している栄養系種苗会社にとっては、より重要性が増しますので、細心の注意と理解が必要です。

通常、栄養系種苗会社は「ライセンス契約」をベースにして「ロイヤルティ」を回収するビジネスモデルも有しているケースが見られます。
日本ではキクやバラがそのような事業構造をとっています。
そして、その「ロイヤルティ」回収の根拠となっている「知的財産権」を構成しているいくつかの集合要素の1つが、このPBRです。
ですから、PBRをきちんと理解して、「知的財産権」との関連性を整理しておくことをお薦めします。
この部分は極めて重要ですから、別途、改めてまとめて記載する予定ですが。ここでは、とりあえず、以下の概念の説明だけにとどめます。
すなわち、

(1)

狭義の知的財産権は「品種権(PBR)」であり、その法的裏づけは各国の育成者権保護のための法体系。

(2)

広義の知的財産権は「育成者権、商標権、特許権、ノウハウ、その他」であり、その拠り所は、各国の育成者権保護あるいは商標保護のための法体系や、ノウハウ等に関する不正競争防止法などがあります。


日本では、このPBRを国家として保護して種苗産業を発展させるための法律である「種苗法」の施行・運用が、1978年から開始されています。
「種苗法」はその後、植物の新品種保護に関する国際条約(UPOV)の批准を経て、国際標準に合致する内容に改定されて、今に至っています。
では、私達、栄養系種苗会社が「種苗法」に基づき、PBRを取得するには、どのようなプロセスが必要となるのでしょうか?
簡単にご説明しましょう。


プロセス1:PBRの申請と受理

PBRの申請を行なうための書類を準備して農水省へ申請しますが、最も大事なポイントは「未譲渡性」の確認です。「未譲渡性」とは、「当該種苗や生産物が市場流通されてから1年以内に限り申請が受理される」という仕組みです。
申請が受理されると「出願受理番号」が付与されて、当該品種は通常「品種登録出願中」という扱いになります。
なお、最近は特に、切花がグローバルに取引きされていますので、例え、自国内での種苗販売が初めてであっても、過去の輸入切花の取引実績を事前に確認しておく必要が生じています。

プロセス2:DUSテストへの供試

DUS テストとは、通常、「ほ場審査」と呼ばれるものです。
DUSとは、Distinctness (区別性)、Uniformity(均一性)、Stability(安定性)の頭文字ですが、「ほ場審査」では対照品種との比較栽培を行なって、申請された品種が、その3点から「新品種」として妥当かどうか検証・確認を行ないます。
なお、日本では、農林水産省が無償で、このDUSテストを実施していますので、その場合は、指定された期限までに、当該品種の種苗を提供する必要があります。

プロセス3:PBRの登録

書類審査に無事合格し、DUSテストにて、その「区別性」「新規性」「安定性」が評価されれば、無事、PBR登録(品種登録)となります。
登録証を受理して、年金(登録料)の支払いを開始します。


2012年9月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


As you know, PBR is now translated in Japan as “Hinshu-ken” or “Shokubutu-Ikuseisha-ken.”
And I think everyone in the breeding industry shall agree with the concept that PBR is the assets / resources to generate profit.
I would like to stress that especially in case of vegetatively propagated company who has been making business by means of “copy” production, PBR has certainly much more important position in her business structure.

Vegetatively propagated breeding companies in some cases, have business model to set up license agreement by which they are collecting royalty ; in Japan, Chrysanthemum and Rose business structure cases.
And in such cases, PBR is certainly regarded as one of the “Intellectual Properties (IP)” which is the legal backbone of royalty collection.
Then, it is essential for you to understand “What PBR is” in connection with the relationship between PBR and the general concept of IP.
In our business activities, roughly speaking,

1.

Quite narrow meaning of IP is “PBR” which is supported by independent country’s law.

2.

Broad meeting of IP is “PBR, Trademark and other know-how”, which are based on independent county law and unfair competition prevention law etc.


In Japan, there is a PBR relating governmental criminal law, namely “Seeds and seedling law” which was implemented as from 1978.
Taking this opportunity, please let me try to explain the procedure on how to obtain PBR in accordance with the regulation designated by “Seeds and seedling law”.


STEP1. PBR application

After completion of document preparation, you can make PBR application to JMAFF.
In this process, what is important is to understand that there is condition and regulation on “Novelty.”
You have to be clear that you are making application PBR within one year after the first transaction date in Japan including not only cutting but also final product transaction.
This regulation is now becoming much more serious and important since global logistics and export/import is now becoming much popular recently.
You will be granted PBR application number once your PBR application documents are accepted by JMAFF.

STEP2. DUS test

In Japan, JMAFF can afford in general all relevant cost of DUS test, however you have to understand that you have obligation to prepare and delivery experimental material for DUS test on time to the designated experimental station. DUS means Distinctness, Uniformity and Stability, and this technical word is now becoming common key word in this industry.

STEP3. PBR registration

You will be granted PBR registration number and you have to pay registration fee and annual maintenance fee, which is called as pension.


With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.