バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム46 範型維持 〜栄養系種苗会社の最重要課題〜 2012.10.12

前号・前々号に引き続き、PBR(Plant Breeders Right)およびその周辺の重要キーワードをご紹介する3回目。
今回は、「これこそ栄養系種苗会社の究極かつ永遠の課題、しかしこれが実現できれば最大の競争優位性」という部分に踏み込んでみる事にします。
それは「範型維持」。
この育種学上の重要単語は、種子系の皆さんには身近なものですが、正直、栄養系の皆さんには聞きなれないものかもしれません。
英語においても、種子系の場合は「Breeders Stock」みたいな的確な単語もあるのですが、栄養系の世界ではピッタシかんかんのものは、なかなか見つかりません。
ここでは、無理無理「Paradigm maintenance」みたいな単語を使っていますが、しっくりいきません。
すなわち、洋の東西を問わず、栄養系の世界では「範型維持」の考え方が未定着で、いまだ、実現すべき課題として扱われている、という事でしょうか?

「範型維持」とは、判り易く言うと、「取り扱っている種苗(種や苗)が、その品種が本来有すべき特性や外観をきちんと保有していること、あるいは、本来有すべき特性や外観を保持するような仕組みのこと、または、本来有すべき特性や外観を保有する個体あるいは個体群」を指します。
要は、種子系でいうところの、原種・原々種のおおもとです。

そして、その「範型維持」機能を適切に管理していくことこそ、栄養系種苗会社の肝なのですが、残念ながら、その課題に向き合うプレーヤーは少ないのが現実です。
私が考える「範型維持」の行動規範は以下のとおりです。

(1)

病害、特に、ウイルス・ウイロイドの混入を徹底的に防止する。万が一、感染が認められたら徹底的に排除する。

(2)

種子系でいうところの「純系」、栄養系の言葉で「トウルー・タイプ(True type)」個体群を常に確保できるように、個体・系統選抜を繰り返す。

特に、(2)については、下図のようなイメージが理想型です。




ここで急いで述べておきますが、種子系では毎世代ごとに、「自然」に、「個体選抜と系統選抜」を繰り返しているのですから、形質が劣化した系統・個体や、遺伝的に不安定と判断された系統・個体は「淘汰」されていきます。
ただ、栄養系の場合は、コピーを扱っていて、また、いわゆる「育種学の教科書」においても「自然突然変異の頻度は10-5 から10-8と低い」みたいな記述がありますから、多くの場合、簡単に増殖していきますが、ここに大きな落とし穴があると思います。
現場の感覚では、「後天的(Epigenetic)」なものと「自然突然変異」も含めると、相当な頻度で「表現型」は変化しており、そのため、余計に心して「淘汰(捨てる)」行為が重要となるのです。



2012年10月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


In this column, I will try to explain you one of the most important subject of “vegetative propagated business activity”, that is, “Paradigm maintenance.”
I personally perceive that this is a kind of eternal issue for “vegetative propagated company” like Japan Agribio, and in other words, if you can succeed to run this function you have already obtain “competitive advantages.”

I think this word “Paradigm maintenance” is quite familiar with people working in “seed breeding companies”, however, on the other hand, in “vegetative propagated business industry”, only few players well understand what it does mean.
As a matter of fact, there is quite useful English word “Breeders stock” in seed business and this has quite similar meaning with “Paradigm maintenance” in breeding operation.
However, on the other hand, it is quite difficult to find out any adequate English word in vegetative business operation, and then I am using the word of “Paradigm maintenance” which I do not think 100% fit.

Any way, the meaning of “Paradigm maintenance” would be

-

The product which you are dealing show “ideal and original characteristics and phenotype”.

-

Or, the system and process control under which you can be sure that you are keeping such ideal and original characteristics and phenotype.

-

Or, such individual or population which you can prove that they are showing ideal and original characteristics / phenotype.


Then, next question is how you can realize such “Paradigm maintenance” in your operation as vegetative propagated player.
I always reply towards such question above in the following way;


1.

You have to avoid any virus / viroid contamination in such “Paradigm maintenance” individual and population.
And, once you detect any contamination you have to remove such contaminated individual and population immediately.

2.

You have to continuously execute “individual and line selection” among your population at any generation in order to keep much more reliable “True type”.


In the business front of vegetative propagated industry, we often face some troubles possibly caused by “Epigenetic” reasons or “Natural mutation”.
It is much more frequent than the calculated theoretical prognosis in any textbooks of “Genetics”.
Then, I would like to emphasize that we, vegetative propagated players shall make much more effort to delete / throw away any suspicious individuals / populations.



With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.