バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム51 私の宝物 〜その4:View of Sillevoldstraat〜 2012.12.21

日本にもファンが多いフェルメールの代表作の1つに「View of Delft(デルフトの眺望)」があります。
皆さんもどこかの新聞記事あるいは「生物と無生物の間」で有名な福岡伸一先生(福岡先生は大のフェルメール好きです)の書籍等でご存知でしょう。
この名画は、まさに、「フェルメールの真髄ここにあり」といった風情のきめ細かな描写で17世紀「オランダ黄金の時代」を切り取っていて、オランダの首都デン・ハーグのマウリッツ・ハウスに常時展示されています。


今回の私の宝物は、そのフェルメールに勝るとも劣らない「View of Sillevoldstraat(シレボルト街の眺望)」という名前の(私が勝手につけたのですが)名画です。
作者は、Ms.Wilma van der Vliet.
彼女は、私がオランダ駐在の頃に住んでいた社宅があった、シレボルト街17番地に居を構えていて、常日頃、私の家族と仲良くしてくれた恩人です。
彼女の分け隔ての無い態度、毎朝の変わらぬ挨拶のお陰で、私(東洋系風貌の典型!!)や家族は非常に勇気付けられ、安定した精神状態を保つ事ができたのです。
その大恩人である彼女が、悪い足を車椅子に乗せて、私達の社宅がある「シレボルト街23番地」にやってきたのは、日本への帰国直前のある日の事。
なんと、手には、私達が住んでいた社宅「シレボルト街23番地」の建物を描写した、彼女自筆の水彩画が!!!
「4年半楽しく暮らしたオランダの日々を忘れないように。」と言いながら、彼女が差し出した水彩画をよく見ると、中心に描かれたセミ・デタッチド・ハウスの右側の玄関脇に「23」の小さな文字も見えます。
まさに、フェルメール的です。
後でわかったのですが、彼女は美術の先生で、現在はプロの画家。
作品は、www.wilmavandervliet.nl で見ることができます(オランダ語のページです)。


という訳で、「View of Sillevoldstraat(シレボルト街の眺望)」は、私の自宅の壁に掛けられているのですが、この名画を見る度に、私に、(1)合理的考え方 (2)異文化との接し方 (3)不味い食事に我慢する忍耐、そして、(4)日本農業が目指すべきオランダモデル、を示してくれた偉大なオランダを思い出すのです。


2013年年初のコラムでは、その「オランダモデル」につき、触れます。



2012年12月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


As you know, Van Vermeer is quite famous painter lived in 17th century in the NL and there are lots of fun in Japan who likes him very much and one of his representing painting is “View of Delft”.
You may know this painting from the article of newspaper or from the books which are written by Professor Shinichi Fukuoka, biologist.
Or, you can directly see this painting in Mauritshuis Museum located in the city of Den Haag.
I believe this painting certainly has typical touch of “Vermeer” including description in detail and representing the atmosphere of “Prosperous 17th century in the Netherlands.”


In this column, I am going to explain you “View of Slilevoldstrrat”.
The painter of this “View of Sillevoldstraat” is Ms.Wilma van der Vliet, who lived on the same street (that is Sillevoldstraat), where company house was located during my expatriate days in the NL.
Ms.Wilma van der Vliet was the person who treated my family very fairly, kindly make greetings with us on the street frankly, and that contributed a lot for us to maintain good mental condition overuses country , the NL under cross-culture circumstances.
One day prior to my family departure to return to Kirin, Ms.Wilma van der Vliet came to my house riding in her wheelchair bringing one her own painting.
She hands over the painting to my facility with the message “Please do not forget your days in the NL.”
In this panting, the structure of company house with the structure of “Semi-detached house” was described in detail including address number of “23” next to the entering door.
It certainly has the touch of Vermeer.
Later and separately, I had chance to realize that she was the teacher of the art and professional painter.
You can check her paintings in the URL of www.wilmavandervliet.nl


I can always see this “View of Sillevold Straat” in my house in Tokyo every day, which reminds me my living days in the NL with my memory on <1> rational way of thinking <2> how to deal with cross culture <3> how to be patient non-good taste food and <4> Dutch agriculture /floriculture model which Japan shall follow to survive.


In near2013, future in 2013, I will refer to “Dutch floriculture model.”



With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.