バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム53 オランダモデル 〜その2:オランダ会計基準と税務〜 2013.1.25

前回から、このコラムの掲載写真が新しくなりました。
外部の皆様から、「清水はどっちなんだ?右か?左か?」というお問い合わせを多数いただいております(!!!)。

念のためですが、(1)アジア的風貌は清水
(2)その隣の「ミッション・インポッシブル」的風貌の紳士は、オランダAgribio の財務マネージャー Mr.Jelle van der Steeg です。

閑話休題。

オランダモデルについて考察・検討する第2回は、オランダ会計基準(Dutch GAAP)と、オランダにおける税務(Tax)が対象です。
最近、「フランスが個人所得1億円以上の場合には所得税率を75%にする」とか、「ロシアでは所得税は一律13%」だとかいうニュースがテレビで報道されましたので、関心を持っていらっしゃる方も多いものと思います。


さて、オランダ会計基準については、このコラムの第23回(2011年10月21日)でも触れていますので、重複は避けますが、「徹底的に保守的(conservative)である」という意味で、超合理的です。
特に連結決算(consolidation)においては、その徹底さに圧倒される場面に出くわしますが、いくつか、その事例をご紹介しましょう。

事例1:

退職給付金引当て(provision for retirement allowance payment)
これは日本でも最近、きちんと貸借対照表(B/S)にて引当てするようになってきています。ところが、オランダ会計基準では、これだけでなく

事例2:

有給休暇引当金(provision for possible paid-leave remaining compensation)
なんと、有給休暇の個人別残日数に基づいて、最悪、それらを買い取りせねばならない場合を想定して、これも引き当てます(大急ぎで補足しますが、当社では有給休暇の買取りは一切行なっていません。念のため)。ただ、ここで驚くにはまだ早く、

事例3:

月次給与引当金(provision for timing difference of monthly salary payment)
これはちょっと説明が必要です。当社の給与支払日は毎月25日ですが、その対象は前月11日から当月10日までの勤務時間です。ですので、オランダは、11日から決算締め日である月末までの約20日分の給与は、「引当金として積め!」というのです。うーむ・・・・

これはほんの一例です。
要は、考え方の徹底。本当に合理的ですねえ。


税務も同じく、超合理的です。
例えば個人所得税(Income tax)の算出。
原則、一律35%課税です。
収入が若干異なろうとも、一律35%を算出します。
その背景には、日本の消費税にあたる付加価値税(Value Added Tax:VAT)が17.5%と高い水準で万人に課税されている事があるのですが、私は、この他に、「判り易く算出しやすい」という超合理的思考があるように思えてなりません。
このコラムのNO.46でも触れた源泉徴収税(withholding tax)も同様です。
もちろん、日蘭租税条約(Tax treaty)の合意の下での施行ですが、2012年1月以降は、両国間の配当には源泉徴収課税がかからなくなりました。

さて、このように、オランダは「合理主義大国」です。
このコテコテの超合理主義者であるオランダが花き産業にも合理性を求めない訳がありません。
「オランダ花き業界の合理主義」については、次回のコラムで、一緒に検証して行く事にします。お楽しみに。



2013年1月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


Jointly together with you, I would like to study and explore how rational Dutch GAAP and Dutch tax system in this column.
Recently there was news from France that she would start to charge new rate of 75% in private income tax calculation towards all residence who have more than 1 million taxable incomes as from 2013.
And also, such news was provided that in Russia everyone can use the same income tax calculation rate, that is, 13%.
I can imagine that you are quite familiar with the deviation of income tax rate from country to country.
Then, how is in the Netherlands?


1.

Dutch GAAP
As you know, Japan Agribio has been producing Monthly / Annual Financial Statements for group consolidation purpose after FY 2010 under the accounting rule of Dutch GAAP.
I perceive that one of the remarkable feature of Dutch GAAP is the fact that it is super conservative.
There are several good examples for you to understand how Dutch GAAP is super conservative.

Example 1 :

Provision for retirement allowance payment
This is not so big surprise, since there are already so many companies who are booking this provision in her B/S.

Example 2 :

Provision for possible paid-leave payment
Although Japan Agribio does not have such habits at all to purchase remaining un-used paid leaves from employees, however, we are obliged to book such provision to show that even in the worst case we are financially OK.

Example 3 :

Provision for timing difference monthly salary payment
Like other Japanese companies, the monthly salary payment date of Japan Agribio is 25th in every month, normally.
However, monthly salary payment on 25th can cover the working hours starting from 11th in previous month through 10th in current month.
It means that there is time difference of 15 days between salary payment calculation closing date on 10th and actual salary payment date of 25th. Since Dutch GAAP is quite super conservative, we have obligation to book provision for such 15 days salary payment (half month).
Do you think it is quite conservative?


2.

Dutch Tax rule
Dutch tax rule is also quite rational.
Good example is individual income tax rate.
Generally speaking it is 35% whatever your income is.
Of course you have to make individual income tax return by yourself, and I believe that is the reason and background why there are so many Dutch oriented tax advising companies and audit companies in the world.
Withholding tax rule is also quite rational.
As you know, as from January 2012, it is not necessary for you to pay any withholding tax in case of dividend payment between Japan and the NL under the new tax treaty.



With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.