バックナンバー

社長コラム
バックナンバー一覧はこちら
コラム56 オランダモデル 〜その4:そうは言ってもやはり人材〜 2013.3.8

さて、栄養系種苗事業に関するオランダモデルの結論です。
ここまで期待させて申し訳ありませんが、結論は、「如何に合理性と効率を志向するオランダモデルにおいても人材が第一!」という、万国共通の真理です。
「なあんだ。ここまで引っ張ってきて、結論は人材かあ・・」なんて、皆さんをがっかりさせるかもしれません。

これまで観てきましたように、「資本主義の権化」みたいに、合理的で効率重視のオランダですが、残念ながら、栄養系種苗業界はまだまだ人海戦術の世界が色濃く残っています。
その人海戦術の部分については、栄養系に特有なオペレーションで散見されることから、私は自戒をこめて「栄養系頭」と呼んでいます。
詳しくは、連載第26回(2011年12月9日)をご参照下さい。

かなり自虐的で逆説的ですが、栄養系種苗事業をより合理的で効率の良いビジネスに昇華させていくには、「栄養系頭」から離れて改革が推進できる人材、即ち、「脱栄養系頭」を持った人材の確保が欠かせません。
そのため、勿論、そのような人材の育成と外部からの調達・リクルーティングがより重要性を持って来る事になります。
私達アグリバイオグループでは、最高経営責任者(CEO)、最高財務責任者(CFO)および最高技術責任者(CTO)ともに、世界的種子系種苗会社S社からの転職・リクルート組です。これは単なる偶然ではなく、必然のような気がしてなりません。
そんなメンバーだからこそ、積極的なM&A(注:Dummen との合併については、このHPのプレスリリースをご参照下さい)や革新的業務改革を進めていく事ができるのだと信じます。

そして、わが国でも、もっともっと人材を登用・教育・訓練しながら、「脱栄養系頭」を持ったミドルマネジメントおよびトップマネジメントによる「合理的経営・効率的経営」が必要だと実感します。
そのためには、「有為な人材が流入できるように、栄養系種苗ビジネスをもっと魅力的なものにしていく」事が肝要だと考えます。
このコラムも、そのような「栄養系種苗会社の魅力向上」への材料として少しでもお役に立てれば幸甚です。
志ある人材よ!栄養系種苗ビジネスへ来たれ!!



2013年3月

代表取締役社長 清水 明

Dear customers;


I am going to describe the conclusion of “Dutch model of vegetatively propagated business” in this column, which might disappoint you very much.
The final conclusion is “people : human resources” even in the Dutch business industry which requires “rationalism” and “efficiency”.

We have been jointly checking and investigating the strength of “Business model in Dutch vegetatively propagated floriculture business activity” which deeply reflects the spirit of “rationalism” and “efficiency”.
However, on the other hand, in the “vegetatively propagated business”, there still exists so many “labor- intensive” operation and “fuzzy process which depends on human decision based on experience”.
As you may remember, I call them “vegetatively propagation business oriented mind”, and I strongly believe that the key of success to overcome such system is totally different way of thinking not dependent on historical vegetatively propagated operation oriented mind.
Then automatically, we need to exercise internal education and coaching, and also we need to urge to recruit talented management from outside.
It is not secret that the current CEO of Agribio, the current CFO of Agribio and current CTO of Agribio are all coming from the famous company “S” that is the giant player of seed raised breeding company.
Do you think that it is just a coincidence?
I personally believe that it is not a coincidence but a necessity for Agribio in order to challenge to grow by M&A and in order to carry out advanced technology development.

In Japan, it is clear that we need talented new middle management and top management in order to develop advanced industry of vegetative propagated floriculture business.



With Best Regards,

Akira Shimizu

前の記事を読む 次の記事を読む

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.