デュメンオレンジブランド

バックナンバー

ニュースリリース

  • ニュースリリース
  • News Release

※ニュースリリースの情報につきましては、発表当時の商品名や組織・連絡先等が記載されている場合がございます。現時点での内容と異なっている事もありますのでご注意下さい。

2010年
・【報告】「マム品種展示会2010」を開催しました【2010.11.12】

2010年11月4日〜5日、当社花き商品開発センター(静岡県浜松市)にて「マム品種展示会2010」を開催しました。多くの生産者様、農協担当者様にご来場いただき、当社マム新品種を中心に、開花試作状況をご覧いただきました。

展示会に先立ち、11月1日には(社)日本花き生産協会・全国スプレーぎく部会青年部研修会の視察会場として、全国の若手スプレーマム生産者の方々がご来場され、当社も講演会に参加させていただきました。

マム品種展示会期間中は、天候に恵まれ、マム品種選びにはうってつけの陽気となりました。新品種「バニティ」(ピンク・シングル咲き)「テキーラ」(白/紫覆色・シングル咲き)「フェリスRオーラ ピンク」(ライトピンク・スプーン咲き)「フェリスRオーラ ディープ」(ディープピンク・スプーン咲き)「70542(仮称)」(イエロー・アネモネ咲き)は、来場者の皆さんの高評価をいただきました。参考展示品種「Basillio」「Nadya」「Sorsha」も注目度が高く、今後のジャパンアグリバイオ社の品種ラインナップは、さらにバリエーション豊かに展開していくであろうことをご確認いただけたと思います。

今後も、毎年11月第一週に「マム品種展示会」を行っていく予定です。来年も新しい品種をご紹介できるよう、品種開発、試作を充実させていきますので、ご期待ください。

 

  • マム品種展示会の様子

    マム品種展示会の様子

  • マム品種展示会の様子

    マム品種展示会の様子

  • 全国スプレーぎく部会青年部研修会の様子

    全国スプレーぎく部会青年部研修会の様子

 

・【報告】ガーベラオープンデーを開催しました【2010.10.29】

2010年10月7日〜8日、当社花き商品開発センター(静岡県浜松市)にてガーベラ展示会を行いました。

期間中は全国から生産者・農協関係者・市場関係者・メディアの方、合計で133名様にご来場いただき、社員一同大変感謝しております。

今年は、夏の猛暑のため全体的に花の状況はよくありませんでしたが、あの暑さを耐えた株の状態、その中での花の状態を見ていただくことで、品種の持っている暑さに対するパフォーマンスが明確に現れた品種展示になり、品種導入についてのご参考にしていただけたのではないかと考えております。実際に、ご来場の皆様から「株の強弱が分かってよかった!」等々の貴重なご意見をうかがうことができました。

 

今後も浜松花き商品開発センターでは、実際に育てたものを展示させていただくことで、より確かな情報をお届けできるよう努力していきたいと思います。

  • ガーベラ温室での試作を見学しながら意見交換が行われました。

    ガーベラ温室での試作を見学しながら意見交換が行われました。

  • 屋内では、輸入切り花の展示や打ち合わせ場所をご用意。2日目最終時間まで熱のはいった商談が行われていました。

    屋内では、輸入切り花の展示や打ち合わせ場所をご用意。2日目最終時間まで熱のはいった商談が行われていました。

 

・【報告】帝京大理工系進学体験イベントに参加しました【2010.10.08】

2010年9月12日、帝京大学宇都宮キャンパスにて開催されたイベントにジャパンアグリバイオ植物開発研究所が参加いたしました。

弊社ブースにお越しいただいたお客様は延べ970名。何度も足を運んでくださったお客様もいらっしゃいました。工夫を凝らした展示を楽しみながら、植物への関心を持っていただくことができたのではないかと思います。

 

  • 展示会場の様子写真

    当日展示会場の様子

  • 実験の様子

    染色剤を用いて、実際に植物に色をつける実験

  • 顕微鏡で観察の様子

    培養中の植物の様子を顕微鏡で観察

  • シードカウンターを使って小さな種子の数を数え様子

    シードカウンターを使って小さな種子の数を数えます

 

 

・【予告】T-BERRY.radio「Dr.まるの未来科学研究所」に竹下大学が出演します【2010.07.23】

栃木県内の理工系を元気にするプロジェクト「T-BERRY」の一つ、T-BERRY.radio「Dr.まるの未来科学研究所」に弊社育種部の竹下大学が出演します。このコーナーでは毎月テーマを決めて科学に関する興味深いお話を発信しており、竹下は育種の専門家としてDr.まるの質問に答えます。

2010年8月12日(木)20:00より、放送はFM栃木で受信範囲が限られますが、T-BERRYプロジェクトのサイトでも順次公開されます。

 

T-BERRYプロジェクト公式サイト

http://t-berry.channel.yahoo.co.jp/

 

竹下大学の連載「育種のトビラ」はこちらから>>

・【ご報告】ジャパンアグリバイオポットカーネーション展示会が開催されました【2010.06.11】
  • 2010年5月19日〜21日、東京都中央卸売市場大田市場花き部中央通路にてポットカーネーション展示会を行いました。大田花き様、フラワーオークションジャパン様の深いご理解と全面的なご協力を得て、開催することができました。ありがとうございます。

     

    期間中は全国から生産者の方が約150名、市場関係者・フローリスト・バイヤーの皆様が約70名と、昨年を上回る多くの方にご来場いただき、社員一同大変感謝しております。また、買参人様の母の日の記憶が鮮明なうちに貴重なご意見をうかがうことができました。

    昨年開催いたしました浜松花き商品開発センターでの展示とは、また一味違ったご提案ができたのではないかと思っております。

     

    今回いただきましたさまざまなご意見、ご要望を肝に銘じ、皆様にさらに満足していただける花作りに向けて努力していきたいと思います。

     

    ご来場いただきました皆様に、展示会、また弊社につきましてのアンケートにお答えいただきました。その結果を一部こちらでご紹介いたします。

     

     

    2010年5月19日〜21日ポットカーネーション展示会 アンケート集計

  • ポツトカーネーション展示の様子写真。

    ポツトカーネーション展示の様子写真。

    展示会場の様子写真。

    展示会場の様子写真

    当日の展示資材は「ホワイエ 大田市場店」様にご協力いただきました

 

・【お知らせ】『植物はヒトを操る』5月27日発売です【2010.05.28】

 

・【予告】いとうせいこう×竹下大学トークイベント&サイン会が開催されます【2010.05.14】

いとうせいこう氏と、ジャパンアグリバイオ(株)植物開発研究所育種部・竹下大学による対談本『植物はヒトを操る』(毎日新聞社)の刊行を記念して、トークイベント「なぜ人は、花が咲くと嬉しいのか?」&サイン会が開催されます。

作家・編集者など多方面で活躍中のいとう氏と、花のプロフェッショナルである育種家・竹下が、花にまつわる軽妙なトークを繰り広げます。育種に興味のある方もない方も、ぜひ一度ご観覧ください。

 

■日時:2010年6月8日(火)19:30〜21:00

■会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山

 

イベントの詳しい内容、ご予約・お問い合わせはこちらまで

青山ブックセンター

http://www.aoyamabc.co.jp/10/

 

竹下大学の連載「育種のトビラ」はこちらから>>

 

・【予告】ポットカーネーション・切花品種展示会が開催されます【2010.04.30】

ジャパンアグリバイオ(株)では2010年もポットカーネーション・切花品種の展示会を開催いたします。

一部のカタログ等にて、弊社浜松花き商品開発センターでの開催とお知らせいたしましたが、ジャパンアグリバイオのスタートを皆様にお披露目する意味もこめまして、東京都中央卸売市場 大田市場花き部様のスペースをお借りして開催いたします。

来年・今後の品種選定に向けてのご参考になれば幸いです。

 

期間:5月19日(水)〜21日(金) 10時〜17時(21日は12時で終了)

場所:東京都中央卸売市場 大田市場花き部 2階 中央通路及び東京都会議室

東京都大田区東海2丁目2番1号

交通機関:

*JR大森駅東口または京浜急行平和島駅より京浜急行バス【流通センター前】下車 徒歩約10分

*東京モノレール【流通センター駅】下車 徒歩約10分

*駐車場に限りがございますので、できる限り公共交通機関をご利用下さい。

展示内容:

ポットカーネーション / 約70種(5寸、4寸等)

カランコエ / カランディーバ、ミリオンスター

切花 / スプレーキク、カーネーション、バラ、ガーベラ

 

お問合せ先:ジャパンアグリバイオ(株)花き商品開発センター

商品部 石岡・廣畑

Tel:053-488-0751 Fax:053-488-0752

 

※展示会に参加される場合、事前のご予約が必要です。弊社担当者にご連絡ください。

※この展示会は花き業界関係者を対象としております。一般のお客様のご入場はできません。あらかじめご了承ください。

※弊社浜松の花き商品開発センターへの視察見学につきましては5月17日(月)〜21日(金)の期間中止しております。

 

・ジャパンアグリバイオ株式会社への社名変更について【2010.04.02】

キリンアグリバイオ株式会社は、ジャパンアグリバイオ株式会社に社名変更いたします。

新取締役メンバーは
代表取締役社長 清水 明
取締役総務部長 小澤 重夫

 取締役(非常勤) Harry Kloppenburg

となります。

今後とも倍旧のご支援を賜りたく、よろしくお願い申し上げます。

 

・ウェーブおよびイージーウェーブの販売について【2010.04.02】

 

・キリンホールディングス社によるキリンアグリバイオ社、およびキリンアグリバイオイーシー社株式の譲渡について【2010.02.19】

キリンホールディングス株式会社(社長 加藤壹康)は、100%子会社であるキリンアグリバイオ社及びキリンアグリバイオイーシー社の発行済全株式の株式譲渡契約を、オランダの H2 エクイティ パートナーズ社(H2 Equity Partners B.V. 以下H2社)との間で、2010年2月17日に締結いたしました。株式引渡日は3月末を予定しています。

詳しい内容につきましては、キリンホールディングスホームページをご覧下さい。
キリンホールディングス ニュースリリース>>

なお、今回の件につきましては株主の変更だけであり、弊社事業は従来通り変更はございません。今後とも何卒ご愛顧いただきますようお願いいたします。
お問い合わせフォームはこちら>>

(担当:藤野)

 

・ここち開花オンラインショップ閉店のお知らせ【2010.01.29】

ジャパンアグリバイオでは2月19日10時を持ちまして、ホームページにおける花苗等の販売を終了する運びとなりましたのでお知らせします。
皆様の長年にわたるご厚情に心から感謝申し上げますと共に、突然の閉店でご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
また、昨年までご好評いただいておりましたローズガーデンシリーズのバラ苗販売につきましては、本年春の販売を休止いたします。今春の一般生花店および当サイトでの販売はいたしませんので、ご了承ください。

 

▲このページの上部に戻る

Copyright 2016 Japan Agribio Company,Limited,All Rights Reserved.